葬儀の流れ(お通夜~精進落としまで)

ご臨終から四十九日法要までの流れ

専門知識に長けた組合員が、誠意を持ってお手伝いします。

事前準備~枕経まで
お通夜~精進落としまで
葬儀後~四十九日まで

4.通夜・葬儀準備

◆喪主の決定、葬儀委員長(世話役代表)の依頼
・葬儀には各種の世話役が必要です。葬儀委員長に各係りを決めてもらいます。
◆葬儀形式・規模・日程の決定
・葬儀日程は僧侶と火葬場の都合を確かめて決めましょう。
・葬儀に必要な品々は葬儀社が手配・準備いたします。
◆弔辞の依頼
・故人と親しかった人(友人・職場の方等)にお願いします。
◆死亡届の手続き
・死亡届の手続きには、死亡診断書と届出人の認印、手数料が必要です。
◆祭壇設営
◆死装束と納棺
・納棺に先立って故人に白いさらしの経帷子(死装束)を着せます。
・納棺は亡くなったその日のうちにすませるのが普通で、枕経が終わり祭壇設営の後に納棺され、祭壇の前に安置されて通夜を迎えます。
◆弔問客数
・通夜の後、通夜ぶるまいの料理を出したり、通夜・葬儀の弔問客に粗供養品や会葬礼状をお渡しするため、あらかじめ人数を予測し、その分を準備します。
◆その他確認
・死亡通知の連絡もれ。

5.通夜

◆弔問客受付
◆僧侶読経
◆会葬者焼香
◆僧侶法話・説教
◆喪主挨拶
・通常は喪主が行いますが、最近では他の方に代弁してもらうことが多くなっています。
◆通夜ぶるまいの席をもうける
・最近では通夜ぶるまいの料理も簡素化されて、寿司等を大皿にもって、めいめいに取ってもらう方式が多くなっています。
◆弔電・焼香順位の決定
・葬儀での弔電紹介順位や焼香の順位等を決め下書きしておきます。

6.葬儀

◆遺族・親族式場入場(30分前)
◆弔問客受付
◆僧侶入場(お布施を渡す)
・お世話になっている僧侶へは、お車代を含めて一括してお布施を渡すための現金が必要です。
◆開式の辞
◆僧侶読経
◆会葬者焼香
◆弔辞拝受、弔電紹介
◆別れ花
・祭壇等に供えてある生け花を遺族が一人一輪ずつ持ち、血縁の濃い順に故人のまわりに添え最後のお別れをします。
◆喪主挨拶
◆出棺
◆運転手等への心づけ
・火葬場への送迎用タクシー・マイクロバスの運転手等、これからお世話になる方へ渡す心づけの準備も必要です。

7.埋火葬

◆埋火葬
・火葬許可証は火葬後、埋葬許可証になりますので忘れないようにしましょう。
◆お骨上げ
・火葬した後、血縁の濃い順2人1組で、故人の骨を足から順に拾い上げ、のど仏の骨は故人と最も血のつながりが深かった2人が最後に拾い上げます。

8.精進落とし

◆あと飾り祭壇の設営
・全て葬儀社が準備いたします。
◆お骨迎え
◆清めの手洗い・清め塩
・火葬場から戻ってきた人は、手を洗い体に塩をふり、家の中に入ります。浄土真宗の場合、清めの手洗い・清め塩はありません。
◆還骨勤行
・初七日法要をかねて行うことが多くなっています。
◆喪主挨拶 ~精進落としの宴
・僧侶・世話役の人に上座に座っていただき、喪主は今までのお礼の言葉を述べ、料理をもてなします。

葬儀後の諸手続きチェックリスト

葬儀後の諸手続きチェックリストシートをダウンロードするpdf

奈良県の主な葬儀会場・火葬場
葬儀事前相談動画

葬儀の事前相談を動画で紹介します。
全葬連では、経験豊富な葬儀のプロを全葬連葬儀事前相談員と認定しています。全葬連葬儀事前相談員が在籍する葬儀社では、全葬連葬儀事前相談員がお客様の葬儀に関する事前相談を承ります。

全葬連に加盟しています 全葬連

奈良県葬祭業協同組合は、経済産業大臣認可 全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)に加盟しています。全葬連は、ご遺族の「こころ」をかたちにする信頼できる葬儀社の全国ネットワークです。

葬祭サービスガイドライン 葬祭サービスガイドライン

奈良県葬祭業協同組合の加盟店は、全葬連の「葬祭サービスガイドライン」を遵守しています。