新着情報

災害時に葬儀などの支援を野迫川村と当組合が協定締結 【奈良新聞 12月22日号 掲載】

2017年12月22日

大規模災害が発生した際、犠牲者の葬儀などを迅速に行うため、野迫川村は21日、

葬儀場の運営者などでつくる県葬祭業協同組合(鈴木勝士理事長)と協定を結んだ。

災害時に、協会加盟の13社から葬祭用品の手配や遺体の安置などの協力を得られるようになる。

東日本大震災時に葬祭用品を発送したり、会員を現地に派遣してきた。大震災を機に、

平成25年7月に全日本葬祭業協同組合連合会とともに県との間で葬祭用品提供の協定を締結。

広域災害時により迅速に対応するため、今後県内市町村とも同様の協定締結を進めていく方針という。

村役場での協定の締結式が行われ、鈴木理事長は「万が一の災害時に、弔いをさせていただく。

有事に備えた準備をしていきたい」。

角谷喜一郎村長は「災害への事前準備が必要。住民の防災意識の向上にもちながる」と述べた。

現在、村には葬儀場と火葬場が無く、平時から近隣市町村の施設を利用している。

img010

 

奈良県の主な葬儀会場・火葬場
葬儀事前相談動画

葬儀の事前相談を動画で紹介します。
全葬連では、経験豊富な葬儀のプロを全葬連葬儀事前相談員と認定しています。全葬連葬儀事前相談員が在籍する葬儀社では、全葬連葬儀事前相談員がお客様の葬儀に関する事前相談を承ります。

全葬連に加盟しています 全葬連

奈良県葬祭業協同組合は、経済産業大臣認可 全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)に加盟しています。全葬連は、ご遺族の「こころ」をかたちにする信頼できる葬儀社の全国ネットワークです。

葬祭サービスガイドライン 葬祭サービスガイドライン

奈良県葬祭業協同組合の加盟店は、全葬連の「葬祭サービスガイドライン」を遵守しています。